海洋葬のやり方と費用

category01

海洋葬とは、海へ遺骨を撒く自然葬の中の散骨というものです。散骨とは山や川や海、故人の思い入れのある場所などに遺骨を撒く葬儀の仕方で、色々とマナーなどもあります。



まず、散骨する場合遺骨が骨であるとわからないほどに粉砕し、パウダー状にすることです。

エキサイトニュースに関しての情報が閲覧できます。

遺骨を遺棄すると法に触れる可能性がありますので、パウダー状にします。

この遺骨を粉砕すると言う行為は遺族にとって辛いものな場合もありますので業者が変わりにやってくれます。


この場合費用が掛かります。

また、陸は周囲の住民の同意や理解を得るのが非常に難しいですが、海洋葬の場合、比較的散骨しやすいのが特徴です。
ただし、陸や岸に近く漁場に近い場合は漁業関係者の精神的苦痛や風評被害などの心配がありますので陸から遠く離れた漁場や海上交通に使われていない場所を選びます。


海洋葬業者によってもさまざまですが、色々なコースがあり例えば業者に委託して撒いてもらう場合5万円ほどから、他のご家族と一緒に船に乗る場合は10万円ほどから、個人で船をチャーターする場合は17万から40万ほどオプションもつきますのでかかります。

撒く場所は東京湾、相模湾、駿河湾などが多いですが、故人の故郷など特定の思い入れのある場所も選択できます。

終了後にどこに撒いたかわかる正確な海図を散骨証明書と共に発行してくれたりします。海洋葬を選ばれる方は海のお好きな方や、子供にお墓のことで迷惑をかけたり煩わせたくないと言うお気持ちの方、暗いお墓に入るのではなく、最期は他の生物と同じように自然に還りたいという思いの方など様々です。

故人の遺志を尊重してあげたいと言う気持ちももちろんありますがお墓参りが出来ないさみしさというのも遺族感情としてはありますので、生前によく話し合いをすることが必要です。



意外な事実

category02

海洋葬とは遺体を火葬した後、その遺骨を海に散骨する方法です。遺骨の全部、もしくは一部を海に散骨するのです。...

subpage

最新考察

category02

地方から仕事を求めて東京に出て来て就職をした人の多くが、東京に一戸建ての家やマンションを購入して家族で住むようになり実家に帰ることなく暮らしています。実家には跡継ぎの長男がいる場合が多くそうなると先祖代々のお墓に入ることができないので、お墓は自分で購入することになります。...

subpage

1から学ぶ文化

category03

永代供養とは、寺院や霊園が責任を持って永代にわたって、日々の供養と管理を行っていく墓地のことで、合同墓とも呼ばれています。墓所形態の特徴としては、寺院が管理しているため、寺院の境内や近隣の土地にあることが多く、宗旨や宗派などの宗教的な制約がなく、生前に購入することができ、一式の費用を支払うことで、後々の管理費やお布施などは発生しません。...

subpage

大人の常識

category04

永代供養とは、本来、お墓参りにいけない人に代わって、寺や霊園が永代にわたって管理や供養をする埋葬方法のことですが、近年では、ビルの中に遺骨を保管する納骨堂など、寺や霊園以外につくるお墓と同様に、需要数が増えてきています。永代供養は、独身や身寄りがない場合など、身内に迷惑をかけたくないなどの動機から、東京でもニーズが増えています。...

subpage