東京で増えている永代供養

永代供養とは、寺院や霊園が責任を持って永代にわたって、日々の供養と管理を行っていく墓地のことで、合同墓とも呼ばれています。

エキサイトニュースの基礎知識をご説明をしたいと思います。

墓所形態の特徴としては、寺院が管理しているため、寺院の境内や近隣の土地にあることが多く、宗旨や宗派などの宗教的な制約がなく、生前に購入することができ、一式の費用を支払うことで、後々の管理費やお布施などは発生しません。


ただ、基本的に合祀されるため、遺骨の返却を行うことができませんし、好きな場所に埋葬することができないというデメリットがあります。

そこで、東京などの都市部では、ビル型の納骨堂が人気となっています。東京などの都市部では、お墓不足が深刻な問題となっています。
地方では、先祖代々のお墓を継ぐ人がいないという後継者問題がありますが、東京などの都市部では、お墓を新たに建てようと思っても、お墓がないという問題があり、ビル型の納骨堂のニーズが増えています。



ビル型の永代供養のメリットとしては、檀家になることなく、永代供養がつき、跡継ぎがいなくても無縁にならず、管理費を払い続けていれば、合葬もないということがあげられます。

特に、駅から近い場所に立地することが多く、手ぶらでもお参りできるということも人気の理由となっています。
特に、掃除や草取りなどをする必要もなく、セットされた焼香台で焼香をし、手を合わせて偲ぶだけという手軽さも人気となっています。


また、室内ですから、天候に左右されず冷暖房も完備となっています。