東京で永代供養を選ぶ人が増える理由

永代供養とは、本来、お墓参りにいけない人に代わって、寺や霊園が永代にわたって管理や供養をする埋葬方法のことですが、近年では、ビルの中に遺骨を保管する納骨堂など、寺や霊園以外につくるお墓と同様に、需要数が増えてきています。



永代供養は、独身や身寄りがない場合など、身内に迷惑をかけたくないなどの動機から、東京でもニーズが増えています。ただ、気をつけないといけないことは、永代といっても、未来永劫という意味ではなく、一般的には30〜50年程度の期間ということになります。


その後お墓は壊され、無縁仏とされますが、この問題を解決すべく、永代供養の中でも、合同祭祀という方法が近年増えてきています。



永代供養では、現在あるお墓に関して、一定期間の供養を契約し、その期間が終わったら、合同墓地へ移動するものと、最初から合同墓や納骨堂に合祀されるケースがあります。
寺や霊園によって、供養する年数や納骨堂の形態、供養方法などは違いがあり、料金も異なります。中には、個別に遺骨を納めるところもあれば、最初から合祀するという場合もありますから、墓地を変えて墓を引っ越すことを計画している場合には、注意が必要です。東京などの都市部では、納骨堂を選ぶ人が増えています。


従来の墓石を用いたお墓よりも、室内に遺骨を安置して、供養を行う納骨堂は、土地の確保が難しい東京などの都市部では、需要が大きくなっています。

2ちゃんねる選びをお手伝いします。

納骨堂のメリットは、お墓に比べて金額が明確で安くすむというメリットがあります。


また、首都圏であれば、駅から徒歩圏のところも多く、利便性もよいというメリットがあります。